ダイエットの停滞期について

体が省エネモードになると、基礎代謝が減って、脂肪を体に貯めこもうとするので、痩せにくい体に変化してしまいます。

停滞期は、どんな長くても1週間から1カ月くらいで終わります。

大事なことは、停滞期中にダイエットを放棄しないことです。

ダイエット中は、必ず停滞期があります。

そして停滞期は永久に続くわけではありません。

停滞期中にダイエットを諦めないようにしましょう。

停滞期は、ダイエット中に誰もが通る道であり、一定期間体重が減りにくくなるというものです。

停滞期を乗り越えなければ、ダイエットの成功を手に入れることは出来ません。

ダイエットを頑張っていたけれど、停滞期を突破できなかったというケースもあります。

ダイエットを達成するためには、停滞期をクリアすることが絶対に必要になってきます。

ダイエットにいいことをしていると、少しずつ体重は少なくなりますが、停滞期になると条件が変化します。

急激に食事量を減らすなど、今までとは違った食事をしていると、体が飢餓状態になっていることを察知して、基礎代謝量を低下させます。
銀座カラーの仙台の場所