ダイエット停滞期でも運動を継続することが大切

ダイエットをする場合、体重の増減ばかり気になってしまいますが、見た目のスタイルも重要なポイントです。

体重の数字がさほど変動していなくても、お腹がスリムになったり、顔のむくみやたるみが引き締まるなど、外見の印象が変わることで、痩せたように見えるものです。

また腰回しは、例えばテレビを見ながらやちょっとした待ち時間などいつでもどこでも気軽にできるという特徴があります。

1日のどの時間でもいいので、腰回し運動をすることで、ダイエット効果を高めましょう。

アリシアクリニック 池袋

ダイエットのためにカロリー制限や、運動を続けていると、停滞期に差し掛かることがあります。

スリムになりたいからとダイエットを始めたのに、しばらくするとやる気が起きなくなるのは、この停滞期が発声するためです。

ダイエットをはじめた当初は、運動にしても食事制限にしても、それまでの生活との違いが体に大きな影響を与えるので、変化が現れやすくなっています。

ダイエット開始直後からずっと運動をしていて、食事制限も続けているのに、減り続けていた体重がぴたりと停止し、全く減らない状態が続くのが停滞期です。

ひとたび停滞期に突入すると、体重の減りが急に悪くなって、ほとんど減らなくなってしまったりします。